身体のニオイが気になる悩み

身体のニオイって気になるし悩みますよね

今まで自分はあまり臭くないと思っていました。しかし最近たまになのですが自分が臭い気がしてしまうのです。

 

すっぱいニオイがするような気がするのです。汗とは違うニオイなのですがふとした拍子にツンと臭ってくるのです。

 

しかし自分が臭いかどうかを他人に聞くのは恥ずかしいですし、もし本気で臭いと言われてしまうとどう対処したらいいのか対応したらいいのか分からなくなってしまうような気がしてしまい聞く勇気がもてないのです。

 

体も毎日洗うようにしていますし、服も毎日交換しています。ですからずっと臭いというわけではなく、たまに自分が非常に臭いと感じてしまうのです。

 

若い頃は自分の臭いも分からず臭くなかったのですが、昼過ぎくらいになると体臭とは違う自分の臭さが目立ってくるのです。どこが臭いのかもよく分かりませんし、いつから臭いがしているのかもわかりません。

 

何かしらきっかけがあって自分が臭くなるのであれば分かるのですが、食生活も気をつけていて汗もさしてかかないように生活をしているのに臭ってくると自分でも不快になってしまいます。

 

コントロールできたらいいのに

 

もともと汗っかきな私。夏に家で過ごす時には、1日にTシャツを何枚も着替えて、洗濯物が毎日結構な量になってしまいます。

 

かしこまった場や、人に会わなければならない時など、「汗をかきたくない」「かいたらいけない」と思うような状況になると、さらに普段より多く汗をかいてしまいます。特に、激しく動いたわけでも、それほど暑いところでもないのに…。
そのような状況の時、本当に恥ずかしくなって、相手との話に集中できなくなってしまうこともあります。

 

ちゃんと制汗スプレーを使ってはいるのですが、あまり効果を感じられません。他の人は、汗もかかずに涼やかにしているように見え、どうやって汗をコントロールしているのかしら…と思います。
汗をコントロールして、かしこまった場などでも、汗のこ事を気にせず、用事に集中出来るようになりたいです。緊張しなければ、もう少しマシになるのでしょうか。

 

汗をかかずに涼やかにしている人たちが、本当に羨ましいです。

 

皆さんは汗についての悩みをお持ちでしょうか。
ここ最近、どんどん気温が高くなり、ついに最高気温が30度を越える日も出てきました。

 

こうなると私のような汗かきは本当に困ります。
汗をかくと服がぬれるのですが、これが本当に不快な上に、そのまま放置しておくと肌がかゆくなって荒れるのです。
かゆいのは耐えられないのでかくと、肌が余計に荒れて首の周りが(ここがよく汗が出るところなので)あざが出来たような状態になってしまいます。
背中もよく汗が出るので肌が荒れ、かくと同じような事になります。

 

しょうがないので通販で買ったあせも、かゆみ止め用の塗り薬を塗るとだいぶ楽になるのですが、この薬もタダではないので懐に響きます。
なので、家にいる間は出来るだけ汗を書かないように工夫していています。
例えば寝る時には布団の上にゴザを敷いて熱が籠もらない様にしたり、氷枕を使って体温を下げたり、小細工を使ってなんとかやっています。
こうなると冬が来るのが待ち遠しいのですが、冬が来てしまうと今度は寒くて辛くなり、世の中上手く行かないものです。

私はとても、汗っかきで困っています。

 

電車を使って、毎日、1時間の通勤です。駅に着き、10分間くらい歩きます。
その間にすでにTシャツにジワーッと汗を感じて、背中が職場に着く頃にはびっしょりになっていて、Tシャツにまで汗が浮かび上がっている状態になってしまう日もしばしばあります。

 

私は女性ですし、とても恥ずかしい思いをします。
社内ではクーラーが効いていますので、乾いてきてごまかしたりしてます。

 

ひどい日は本当に恥ずかしくごまかしも効きませんので、会社へ着いたらまずトイレに直行して誰にも会わない前にカバンに忍ばせておいた予備の別のTシャツに着替えてます。

 

こんなにしているのは会社で私だけのようなのです。
汗がTシャツに浮いているのを人に見られることは恥ずかしいし、トイレで気付かれないうちに着替えることもとても面倒で悩んでいます。

 

制汗用品も使用しましたが、効果はありませんでした。
日々、夏は汗との戦いです。

 

自他共に認める汗っかきなのですが、特に困るのがタイ料理などのエスニック系料理店。
辛いものは大好物なのですが、お店で食べると滝のように汗が噴き出してしまいます。
大好物なのでテンションが上がってしまうのですが、店に着くと我に帰るんですよね。

 

そこからは「しまった…どうしよう…」という気持ちもプラスされ、トムヤムクンやグリーンカレーを一口、口に運んだとたんに汗がふきだします。
こうなるともうハンカチでは拭ききれないほどの汗が…。
ほんとにスポーツタオルが必要なくらいの汗がふきだしてきて、困ります。

 

一緒にいった友人にも「大丈夫?」と体調を心配されるレベル。そういわれるとまた「汗をなんとかしなくては…」という精神状態も手伝って、汗量がさらに倍…。
暑いから汗がでる、というのはある程度まではみんな理解してくれますが、この辛いものを食べて汗、というのは好きなものを食べているだけに辛いものがあります。
一目を気にせずに辛いものをつくって一人部屋で食べていますが…とても切ないです…。

 

自分は昔から汗っかきです。
以前はそばつゆのような臭いだったのですが、最近ではたまねぎをスライスしたような臭いがします。

 

あまり洗濯をしたくないおしゃれ着もすぐに汗臭くしてしまいます。
クリーニングに出しても汗臭さは取れないので、家で洗濯するのですが、やはり服が傷んでしまいます。

 

脇パットのようなものを利用したこともあるんですが、うまく取り付けることができないし、ゴワゴワして邪魔です。
特にナイロンやポリエステル系の生地がすぐに臭くなります。

 

制汗スプレーは使用していますが、脇が黄ばんでしまいます。
タンクトップ系の服にゆったりしたカーディガンを合わせたりして脇に直接生地があたらないようにしたりすることもあるのですが、冷房の効いた事務所などには不向きな服装です。

 

今はホットフラッシュで暑くないのに汗をかいてしまいます。汗取りシートも利用しましたが、効果が長く続きません。
周りに臭っているのではと気が気ではないです。
「更年期障害の強い味方、汗の臭いを消します!」なんてうたい文句の制汗商品が出たら絶対売れると思うのですが、メーカーさん考えてほしいですね。

 

記憶する限り、「くさ玉」と出会ったのは高校生のころだった。咳き込んだ時に喉の奥に異物感を感じた。洗面台にいってその異物を唾液と一緒に吐き出すと、5ミリ程度の少し黄色がかった白い玉のようなものが出て来た。

 

そして、それはびっくりするほど臭かった。衝撃の臭さである。

 

その玉はその後も時々出てくるようになった。意識するようになると、まだそれがのどの奥にある時点で「臭い」と分かることもあった。私は人知れずそれを「くさ玉」と名付けた。高校生、それは繊細な年頃である。誰にも相談できずに、それが出てくることを恐れていたのだ。

 

そんなある日、高校で友人がその「くさ玉」について堂々と語っていた。「私は一人じゃなかった」そんな感動すら覚えた。そして、彼女と2人きりの時に「実は私も…」と打ち明けたのであった。大学生になり、インターネットにアクセスできるようになると、「くさ玉」の正式名称は「膿栓」で、喉の奥のデコボコに溜まるゴミ(細菌をやっつけたものや食べ物のカス)であることが分かった。

 

よく観察すると、よく「くさ玉」が自分の喉のどのあたりにできやすいかも分かるようになってきた。ついには、早期発見をして、うがいによって出すという技も上達した。付き合い方を学んで、多少は悩みは小さくなったが、「くさ玉」は一生できなければできない方がよいと断言できるほどの異臭を放る存在である。しぶしぶこれから「くさ玉」と付き合っていこうと思う。

 

私は疲れた時には部屋中にお気に入り香りのアロマオイルをたきます。

 

そんなんで効き目があるの?と思われる方も多いですが、一度騙されたと思ってやって見て下さい。部屋の中でオイルをたくのがむつかしい人は、入浴時に湯舟に数滴オイルを落として気持ちを楽にしていると、心身の疲れが癒されます。

 

同時にリラクゼーションミュージックを静かにかけると効果は倍増します。何も考えず、ただ湯舟の身をゆだねてオイルの香りに身をまかせて入浴するほど、気軽にできるリラクゼーションはありません。オイルの香りもたくさんあるので、自分のお気に入りをひとつ見つけておけば自分がどういうところに一番ストレスを感じるかがわかるかもしれません。

 

また、嫌いでなければお香をたくのもひとつの方法です。しかし、どうしても香りがすること自体に抵抗を感じている方は、消臭剤を部屋中に置いたり窓を開けるようにしたりして頻繁に空気の入れ替えをするしかないでしょう。